学術論文
著書
受賞
外部資金獲得状況

■学術論文
   ◇Journal Paper
  1. 浪越圭一,荒井幸代,進化計算による人流データからの異種戦略抽出,人工知能学会論文誌,Vol. 32, No. 5 p. AG16-D_1-8 , http://doi.org/10.1527/tjsai.AG16-D, (2017). 公開日: 2017.9
  2. 齋竹良介, 荒井幸代, リアルタイム情報を利用した水道管被害箇所の逐次推定,地域安全学会論文集 No.28, 2016. 3, No11 (2016). 公開日:2016.03
  3. 石川翔太,荒井幸代,先行車情報の共有が自然渋滞に与える影響の解析-Nagel-Schreckenberg Model の一般化-,人工知能学会論文誌, Vol.31,No.2,pp. D-F32_1-8 (2016). http://doi.org/10.1527/tjsai.D-F32
  4. Sachiyo Arai, Kanako Suzuki, Encouragement of Right Social Norms by Inverse Reinforcement Learning. Journal of Information Processing, 22(2): pp.299-306, (2014)
  5. 許 海遅,荒井 幸代,行動干渉状態の検出によるマルチエージェント強化学習法の改善,電気学会論文誌 C,Vol.134 No.9, pp. 1310—1317, DOI: 10.1541/ieejeiss.134.1310 (2014).
  6. 加賀谷 駿,荒井幸代,太陽光発電の変動抑制に向けた強化学習エージェントモデル,電子情報通信学会 和文論文誌D , 情報・システム J96-D, No.12, pp. 3000-3008, (2013).
  7. 許 海遅,荒井 幸代,学習ペースカーによるメタ安定相への遷移の実現, 電気学会論文誌C,Vol.133 No.9 pp. 1709-1716, DOI: 10.1541/ieejeiss.133. (2013). 
  8. Sachiyo Arai, and Tatsuya Masubuchi, A Study of Traffic Flow Optimization by Learning Pace-car : International Journal of Advancements in Computing Technology, 2012; 4(22), pp. 257-268 (2012).
  9. 内田 英明,藤井 秀樹,吉村 忍,荒井 幸代,道路ネットワークの変化に対する経路選択の学習:情報処理学会論文誌,53(11), pp. 2409-2418, 2012-11-15
  10. 角井勇哉,荒井幸代,ラインナップ最適化に向けた打番の要求機能の定量化法: 日本オペレーションズ・リサーチ学会論文集,Vol.54, pp.84-108, (2011).
  11. 増渕達也,荒井幸代,前方情報を考慮した走行ルールによるメタ安定相の生成と特徴の解析:電子情報通信学会 和文論文誌D , 情報・システム J92-D, No.11, pp.1935-1944, (2009).
  12. Sachiyo Arai, Yoshihisa Ishigaki, Information Theoretic Approach for Measuring Interaction in Multiagent Domain :Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.13 No.6 Nov.20, pp.649-657, (2009).
  13. 西島寛,荒井幸代,土屋俊,大学機関の特性を活かす知識共創システムの提案:情報処理学会論文誌, Vol.50, No.2,pp. 615-625, (2009).
  14. Sachiyo Arai, Yoshihisa Ishigaki, Measurement of Underlying Cooperation in Multiagent Reinforcement Learning : Lecture Notes in Computer Science 5357 Springer, pp. 34-41, (2008).
  15. 高橋篤,荒井幸代,須貝康雄,グラフ構造に基づくコミュニティ抽出手法: 情報処理学会 Forum on Information Technology 論文集,Vol.6,pp. 477-483, (2007).
  16. 荒井幸代,田中信行,マルチエージェント連続タスクにおける報酬設計の実験的考察-RoboCup Soccer Keepawayタスクを例として-:人工知能学会誌学会論文誌,Vol.21, No.6,pp. 537-546, (2006).
  17. Nobuyuki Tanaka and Sachiyo Arai, Teamwork Formation for Keepaway in Robotics Soccer (Reinforcement Learning Approach): Lecture Notes in Computer Science, Volume 4088,pp. 279-292, (2006).
  18. Nima Asgharbeygi, Negin Nejati, Pat Langley, Sachiyo Arai,Guiding Inference Through Relational Reinforcement Learning: Lecture Notes in Computer Science, Volume 3625,pp. 20-37, (2005).
  19. Sachiyo Arai, Yohei Murakami, Yuki Sugimoto, Toru Ishida,Semantic Web Service Architecture using Multi-agent Scenario Description: Lecture Notes in Artificial Intelligence, Volume 2891,pp. 98-109, (2003).
  20. Sachiyo Arai, Kazuteru Miyazaki, and Shigenobu Kobayashi, Controlling Multiple Cranes Using Multi-Agent Reinforcement Learning: Emerging Coordination among Competitive Agents:IEICE Transactions on Communications, Vol.E-83-B, No.5, pp.1039-1047, (2000).
  21. 宮崎和光,荒井幸代,小林重信, Profit Sharingを用いたマルチエージェント強化学習における報酬配分の理論的考察:人工知能学会誌,Vol.14, No.6,pp. 1156-1164, (1999).
  22. 宮崎和光,荒井幸代,小林重信,POMDPs環境下での決定的政策の学習:人工知能学 Vol.14, No.1,pp.148-156, (1999).
  23. 荒井幸代,宮崎和光,小林重信,マルチエージェント強化学習の方法論ーQ-learningとProfit Sharingによる接近ー:人工知能学会誌,Vol.13, No.5,pp. 609-618, (1998).
  24. 村井憲男,足立智昭,仁平義明,繁桝算男 ,荒井幸代, 母親情報による発達障害早期スクリーニングの予測妥当性,小児科臨床学会誌, Vol.43, No.4, pp.713-720, (1990).
  ◇査読付き論文(more than two reviewers)
  1. 齋竹良介,竹木祥太,荒井幸代. 期待報酬ベクトルの非線形スカラー化による多目的強化学習アルゴリズム: Joint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 197--204, (2017.9).
  2. 本木雄斗,吉永和史,荒井幸代. 逆強化学習による最適な報酬と特徴空間設計に向けた実験的考察: Joint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 298-304, (2017.9).
  3. 荒井幸代,今宿誠己,檜山達矢,ステークホルダ同定による空間ゲームの協調の実現: Joint Agent Workshops and Symposium 2010,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE Computer Society Japan Chapter 主催, CD-ROM (2010).
  4. 増渕達也,荒井幸代,学習ペースカーによる交通流の最適化と考察: Joint Agent Workshops and Symposium 2010,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE Computer Society Japan Chapter 主催,CD-ROM (2010).
  5. 角井勇哉, 荒井幸代, マッチング問題への定型化による最適ラインナップ構成法: Joint Agent Workshops and Symposium 2009,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE Computer Society Japan Chapter 主催,CD-ROM (2009).
  6. 大久保 有基,荒井 幸代,エレベータ群制御における呼び対応の公平化を目的とした優先度学習法: Joint Agent Workshops and Symposium 2009,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE Computer Society Japan Chapter 主催, CD-ROM (2009).
  7. 増渕達也,荒井幸代,渋滞発生過程におけるメタ安定相の特徴の分析: Joint Agent Workshops and Symposium 2008,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE Computer Society Japan Chapter 主催,CD-ROM (2008).優秀論文賞
  8. 今宿誠己,荒井幸代,避難所配置問題における市民位置情報の不完全性の影響: Joint Agent Workshops and Symposium 2008,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE Computer Society Japan Chapter 主催,CD-ROM (2008).
  9. 高橋篤,荒井幸代,須貝康雄,コミュニティ概念の定式化: Joint Agent Workshops and Symposium 2008,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE Computer Society Japan Chapter 主催,CD-ROM (2008).
  10. 石垣圭久,荒井幸代,情報量によるマルチエージェント系強化学習過程の解析, Joint Agent Workshops and Symposium 2007 電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE Computer Society Japan Chapter 主催,CD-ROM (2007). 優秀論文賞
  ◇International Conference(more than three reviewers)
  1. Shota Ishikawa,Sachiyo Arai, Cooperative Learning of a Driving Strategy to Suppress Phantom Traffic Jams, IEEE International Conference on Agents, pp.90-93, ISBN: 978-1-5090-3931-9, DOI Bookmark: http://doi.ieeecomputersociety.org/10.1109/ICA.2016.029, (2016. 9.30 Matsue, Japan)
  2. Ryosuke Saitake, Sachiyo Arai, Parameter Estimation of Multi-Objective Reinforcement Learning to Reach Arbitrary Pareto Solution, IEEE International Conference on Agents, pp.110-111, (2016. 9.30 Matsue, Japan)
  3. Sachiyo Arai, Haichi Xu: Faster Convergence to Cooperative Policy by Autonomous Detection of Interference States in Multiagent Reinforcement Learning. PRICAI 2016: 16-29, (2016. 8.22-26, Phuket, Thailand), Lecture Notes in Computer Science Book series (LNCS, volume 9810), pp. 16-29
  4. Shota Ishikawa,Sachiyo Arai,Evaluating Advantage of Sharing Information among Vehicles Toward Avoiding Phantom Traffic Jam, Proceedings of the 2015 Winter Simulation Conference,pp.300-311, (2015.12 USA).
  5. Hino, Y., Arai, S., "Avoid the Overflow of Disaster Victims around the Railway Station -via Adaptive Management of Passengers' Routes and Train Schedule-", RailTokyo2015, 10 pages, (2015.3 Japan).
  6. Sachiyo Arai, and Tatsuya Masubuchi, A Study of Traffic Flow Optimization by Learning Pace-car, The 15th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems, 6 pages, (2011).
  7. Sachiyo Arai, Yuta Mabuchi, Learning Strategic Information Support for Controlling Traffic Flow, International Conference on Intelligent Unmanned Systems, 6 pages, (2011).
  8. Shuichiro Kanno, and Sachiyo Arai, Interaction Model for Chasm Creation on Multiagent Network, The SICE Annual Conference 2011, 6 pages, (2011).
  9. Yuya Kakui, Sachiyo Arai, Scene Evaluation of a Ball Game for Solving Batting Order Optimization, The SICE Annual Conference 2010, 6 pages, (2010).
  10. Masaki Imajuku, Tatsuya Hiyama, Sachiyo Arai, A Preliminary Analysis of Interactive Effects between Network Structure and Decision Criteria on the Global Behavior, ICROS-SICE International Joint Conference 2009, 6 pages , (2009).
  11. Atsuko Takano, Kazuko Takagi, Sachiyo Arai, Hiroya Takeuchi and Syun Tutiya, CURATOR:its developmental strategy, International Conference on Open Repositories, pp.23-27,(2007).
  12. Nobuyuki Tanaka and Sachiyo Arai,Teamwork Formation for Keepaway in Robotics Soccer, 9th Pacific Rim International Workshop on Multi-Agents,8 pages, (2006) .
  13. Nobuyuki Tanaka and Sachiyo Arai, Reward Design for Emerging Cooperative Behavior in Continuing Task Domains : International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems,Workshop on Adaptation and Learning in Autonomous Agents and Multiagent systems,pp. 7-14, (2006).
  14. Nima Asgharbeygi, Negin Nejati, Pat Langley, Sachiyo Arai,Guiding Inference Through Relational Reinforcement Learning, Inductive Logic Programming , pp. 20-37, (2005).
  15. Pat Langley, Sachiyo Arai, and Daniel Shapiro,Model-Based Learning with Hierarchical Relational Skills:International Conference on Machine Learning Workshop on Relational Reinforcement Learning,pp. 63-68 (2004).
  16. Sachiyo Arai and Toru Ishida, Learning for Human-Agent Collaboration on the Semantic Web: International Conference on Informatics Research for Development of Knowledge Society Infrastructure ,pp. 132-139, (2004).
  17. Sachiyo Arai, Yohei Murakami, Yuki Sugimoto and Toru Ishida, Multi-agent Scenarios Introducing Semantics for Web Services, The New Trends on Knowledge Processing -Data Mining, Semantic Web and Computational Science 6, Invited Paper,pp. 1-5, (2003).
  18. Sachiyo Arai, Yohei Murakami, Yuki Sugimoto, Toru Ishida,Semantic Web Service Architecture using Multi-agent Scenario Description:3th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence, pp.90-109, (2003).
  19. Sachiyo Arai, and Katia Sycara,Credit Assignment Method for Learning Effective Stochastic Policies in Uncertain Domains: GECCO-2001, Proceedings of Genetic and Evolutionary Computation Conference, pp. 815-822, (2001). 
  20. Kazuteru Miyazaki, Sachiyo Arai, and Shigenobu Kobayashi, Cranes Control Using Multi-agent Profit Sharing: Proceedings of the 6th International Conference on Information Systems Analysis and Synthesis, pp.178-183, (2000).
  21. Sachiyo Arai, Katia Sycara, and Terry R. Payne, Experience-based Reinforcement Learning to Acquire Effective Behavior in a Multi-agent Domain, Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence, pp.125-135, (2000).
  22. Sachiyo Arai and Katia Sycara,Effective Learning Approach for Planning and Scheduling in Multi-agent Domain: Proceedings of the 6th International Conference on Simulation of Adaptive Behavior (From animals to animats 6), ISAB-2000, pp.507-516, (2000).
  23. Sachiyo Arai and Katia Sycara, Multi-Agent Reinforcement Learning for Planning and Scheduling Multiple Goals, Proceedings of the 4th International Conference on Multi-Agent Systems, pp. 359-360, (2000).
  24. Sachiyo Arai, Shigenobu Kobayashi, Multi-agent Reinforcement Learning for Crane Control Problem : Multi-Agent Reinforcement Learning for Planning and Conflict Resolution in a Dynamic Domain:Designing Rewards for Conflict Resolution, Autonomous Decentralized Systems, pp.310-319 (1999).
  25. Sachiyo Arai, Kazuteru Miyazaki, and Shigenobu Kobayashi, Cranes Control Using Multi-agent Reinforcement Learning, International Conference on Intelligent Autonomous Systems, Vol.5, pp. 335-342, (1998).
  26. Sachiyo Arai, Kazuteru Miyazaki, and Shigenobu Kobayashi, Learning Cooperative Behavior by Profit Sharing Agents, Proceedings of the 15th International Joint Conference on Artificial Intelligence, p.7, (1997).
  27. Sachiyo Arai, Kazuteru Miyazaki, and Shigenobu Kobayashi, Generating Cooperative Behavior by Multi-Agent Reinforcement Learning, Proceedings of the 6th European Workshop on Learning Robots, pp. 111-120, (1997).
  28. Sachiyo Arai, Rational Balancing of Planning and Communication in the Dynamic Multi-agents World: Proceedings of the 4th International Conference on Autonomous Agents, ICMAS-1995, pp.436-437 (1995).
  29. Sachiyo Arai, Masayuki Yamamura, and Shigenobu Kobayashi, Horizontal and Vertical Cooperation by Multi-agents for Dynamic Planning, Proceedings of the 1st Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence, pp.77-82, (1990).
  30. Sachiyo Arai, Masayuki Yamamura, and Shigenobu Kobayashi, Model of Problem Decomposition in Cooperative Planning, Proceedings of the 28th SICE Annual Conference, Vol.2, pp.1255-1258, (1989).
  ◇講演発表論文
  1.  木村祥, 荒井幸代,変分自己符号化器を用いた継続学習における頑健性指標,oint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 309--310, (2017.9.15 千葉).
  2.  石川翔太,荒井幸代,熟練ドライバの運転を学習するための報酬と特徴ベクトルの同時推定法,Joint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 310--311, (2017.9.15 千葉).
  3.  浪越圭一, 荒井幸代, 追従エージェントを考慮した人流データからの戦略抽出, Joint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 319--320, (2017.9.15 千葉).
  4.  吉永和史, 北里勇樹,荒井幸代,センサ情報を利用したごみ収集最適化のための強化学習アプローチ,Joint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 323--324, (2017.9.15 千葉).
  5.  吉田賢央,荒井幸代,鉄道システムにおける回生電力蓄電池の充放電制御-強化学習によるアプローチ-, Joint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 327--328, (2017.9.15 千葉).
  6.  山本慶佑,荒井幸代,多目的強化学習によるごみ収集業務のパレート方策の獲得, Joint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 329--330, (2017.9.15 千葉).
  7.  千邑峻明, 荒井幸代,強化学習エージェントによるシグナリングゲームの被験者実験の再現,Joint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 331--332, (2017.9.15 千葉).
  8.  北村清也, 荒井幸代, 市街地自動運転に向けた環境入力データの特徴抽出, Joint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 339--340, (2017.9.15 千葉).
  9.  池永晶子, 石川翔太, 荒井幸代, 意思決定エージェントの多目的に対する選好の推定法, Joint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 341--342, (2017.9.15 千葉).
  10.  齋竹良介,竹木祥太,荒井幸代,期待報酬ベクトルの非線形スカラー化による多目的強化学習アルゴリズム,Joint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 197--204, (2017.9.15 千葉).
  11.  本木雄斗,吉永和史,荒井幸代,逆強化学習による最適な報酬と特徴空間設計に向けた実験的考察,Joint Agent Workshops and Symposium 2017,電子情報通信学会,日本ソフトウェア学会,情報処理学会,人工知能学会共催,IEEE Computer Society Japan Chapter後援,JAWS2017予稿集 pp. 298-304, (2017.9.16 千葉).
  12.  中田 勇介,荒井 幸代,設計支援に向けたアフォーダンスを誘発する特徴の識別,2017年度第31回人工知能学会 全国大会論文集, 2M4-OS-32a-4(2017.5.24 愛知)
  13.  浪越 圭一,荒井 幸代,人流データに基づく避難者の適応戦略抽出,2017年度第31回人工知能学会 全国大会論文集, 2M4-OS-32a-5in1(2017.5.24 愛知)
  14.  木村 祥,荒井 幸代,マルチエージェント強化学習におけるエピソードの順序が獲得方策に与える影響,2017年度第31回人工知能学会 全国大会論文集,2M5-OS-32b-2(2017.5.24 愛知)
  15.  北里 勇樹 荒井 幸代,逆強化学習における制約条件の緩和法,2017年度第31回人工知能学会 全国大会論文集,2P4-2(2017.5.24 愛知)
  16.  野村 俊太 荒井 幸代,進化計算を用いた人間の感性理解のための遺伝子解析法,2017年度第31回人工知能学会 全国大会論文集,3H2-OS-04b-2(2017.5.24 愛知)
  17.  竹木 祥太 荒井 幸代,相互乗り入れ路線内の遅延損失最小化に向けた折り返し運転開始の決定法,2017年度第31回人工知能学会 全国大会論文集,3I2-OS-13b-3(2017.5.24 愛知)
  18.  石川 翔太 荒井 幸代,CACC車間の協調走行における通信障害の影響,2017年度第31回人工知能学会 全国大会論文集,4I1-1(2017.5.24 愛知)
  19.  本木 雄斗 荒井 幸代,協調行動の獲得に向けた逆強化学習の導入,017年度第31回人工知能学会 全国大会論文集,4C2-1(2017.5.24 愛知)
  20.  山本 悠介, 荒井 幸代,共有情報と同期間隔を考慮した自律分散型電力融通モデル,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会,GS02-2,(2016.12 滋賀)12/6-8
  21.  久世 耕,荒井 幸代,マルチエージェント深層強化学習による状態空間の爆発問題の回避,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会,GS02-3,(2016.12 滋賀)12/6-8
  22.  野村俊太,荒井幸代,4コマ漫画の最適シーン展開に向けた評価基準の抽出,Joint Agent Workshop and Symposium 2016, ポスターセッション (2016.9 岐阜). 9/15-16
  23.  木村祥,荒井幸代,入力データ群の事前分類による バッチ強化学習の効率化,Joint Agent Workshop and Symposium 2016, ポスターセッション (2016.9 岐阜). 9/15-16
  24.  本木雄斗,荒井幸代,群衆における個の行動規範,Joint Agent Workshop and Symposium 2016, ポスターセッション (2016.9 岐阜). 9/15-16
  25.  中田勇介,荒井幸代,深層学習の中間層の解析に基づくアフォーダンスの設計に有用な特徴の抽出,Joint Agent Workshop and Symposium 2016, ポスターセッション (2016.9 岐阜). 9/15-16
  26.  土井研人,荒井幸代,定時運航に向けた離着陸スケジュールの頑健性評価,Joint Agent Workshop and Symposium 2016, ポスターセッション (2016.9 岐阜). 9/15-16
  27.  竹木祥太,荒井幸代,鉄道ネットワークの特徴を用いた遅延拡大メカニズム,Joint Agent Workshop and Symposium 2016, ポスターセッション (2016.9 岐阜). 9/15-16
  28.  吉永和史,荒井幸代,報酬関数と状態表現の相互改善による徒弟学習の効率化,2016年度第30回人工知能学会 全国大会論文集,1M2-2,(2016.6 北九州)6/6
  29.  石川翔太,荒井幸代, 自動運転車の協調型運転戦略の導入による渋滞抑制,2016年度第30回人工知能学会 全国大会論文集,1H4-OS-05a-4in2,(2016.6 北九州)6/8
  30.  浪越圭一,荒井幸代,進化計算による災害時行動データからの避難規範抽出法,2016年度第30回人工知能学会 全国大会論文集,1L2-1in1,(2016.6 北九州)6/7
  31.  中村 尚弘,鈴木 琢也,東城 峻樹,中村 壮志,荒井 幸代,事例ベースを用いた建築構造部材の荷重-変形関係の学習,2016年度第30回人工知能学会 全国大会論文集,3D3-OS-30a-4in2,(2016.6 北九州)6/8
  32.  北里勇樹,荒井幸代, 逆強化学習を用いた転移可能な報酬関数の推定,2016年度第30回人工知能学会 全国大会論文集,3D3-OS-30a-2in2,(2016.6 北九州)6/8
  33.  鈴木 琢也,荒井 幸代,中村 尚弘,中村 壮志,東城 峻樹,CBR構造解析の高速化に向けたデータベース構成に関する検討,2016年度第30回人工知能学会 全国大会論文集,3D4-OS-30b-3in2,(2016.6 北九州)6/8
  34.  吉永和史,北里勇樹,荒井幸代,強化学習における報酬関数と状態空間表現の相互改善法の評価,情報処理学会第78回全国大会講演論文集,2pages,(2016.3 東京)
  35.  栃木祐太朗,荒井幸代,混合交通のシミュレーション実現に向けた自転車走行モデルの構築,情報処理学会第78回全国大会講演論文集,2pages,(2016.3 東京)
  36.  齋竹良介,荒井幸代,任意のパレート解を得るための多目的強化学習のパラメータ推定,情報処理学会第78回全国大会講演論文集,2pages,(2016.3 東京)
  37.  浪越圭一,荒井幸代,避難行動データに基づく非常口選択規範の同定,情報処理学会第78回全国大会講演論文集,2pages,(2016.3 東京)
  38.  北里勇樹,荒井幸代, 大規模計画問題を効率的に解くための逆強化学習の導入法, Joint Agent Workshop and Symposium 2015, JAWS-2015講演論文集,CD-ROM,4pages (2015.10 石川).
  39.  石川翔太,荒井幸代, 車車間通信による自動運転車の混在が自然渋滞に与える影響-CACC普及課程における搭載/非搭載車の混合交通流の解析-, Joint Agent Workshop and Symposium 2015, JAWS-2015講演論文集,CD-ROM,4pages (2015.10 石川).
  40.  浪越圭一,荒井幸代, 歩行軌跡に基づく歩行者の行動規範の同定, Joint Agent Workshop and Symposium 2015, JAWS-2015講演論文集,CD-ROM,4pages (2015.10 石川).
  41.  吉永和史,北里勇樹,荒井幸代, 強化学習における報酬設計に向けた特徴空間の逐次構築, Joint Agent Workshop and Symposium 2015, JAWS-2015講演論文集,CD-ROM,4pages (2015.10 石川).
  42.  石川翔太,荒井幸代,車車間通信の局所的情報による運転戦略の学習,人工知能学会 全国大会論文集,1F4-OS-09a-3,(2015.5 北海道)
  43.  齋竹良介,荒井幸代,実被害情報を活用した水道管被害箇所のオンライン再推定,人工知能学会 全国大会論文集,1M3-OS-24b-4(2015.5 北海道)
  44.  荒井幸代,堀澤雄介,北里勇樹,マルチエージェント逆強化学習による報酬設計問題の考察,人工知能学会 全国大会論文集,1L5-4(2015.5 北海道)
  45.  栃木祐太朗,荒井幸代,「自転車事故多発者の走行特性と潜在的危険状況の特定」,人工知能学会 全国大会論文集,1F4-OS-09a-4 (2015.5 北海道)
  46.  鈴木 琢也,荒井 幸代,中村 尚弘,中村 壮志, 東城 峻樹,事例ベースアプローチによる非線形構造解析の収束性向上の試み,人工知能学会 全国大会論文集,4H1-4(2015.5 北海道)
  47.  石川翔太,荒井幸代,先行車情報を共有した走行ルールによる自然渋滞の抑制,計測自動制御学会,第42回知能システムシンポジウム,兵庫,(2015.3 兵庫)
  48.  齋竹良介,荒井幸代,逐次情報による水道管被害箇所のオンライン推定,電気学会システム研究会「機械学習の最前線」,No. 1-9 ,pp. 21-26, (2015.3 神奈川)
  49.  梅沢貴大,荒井幸代,拡張gSpanによる社会システムの協調構造の発見,電気学会システム研究会「機械学習の最前線」,No. 1-9 ,pp. 21-26, (2015.3 神奈川)
  50.  石川翔太,荒井幸代,ボトルネックを含む交通ネットワークの要制御状態抽出法,Joint Agent Workshops & Symposium,2014, JAWS-2014講演論文集,CD-ROM,4pages, (2014.10 宮崎)
  51.  栃木祐太朗,荒井幸代,自転車走行における危険な状況の推定,Joint Agent Workshop and Symposium 2014, JAWS-2014講演論文集,CD-ROM,4pages (2014.10 宮崎)
  52.  樋野葉子,荒井幸代,災害時における駅周辺滞留緩和 -利用客への経路指示とダイヤ変更によるアプローチ-,Joint Agent Workshops and Symposium 2014, JAWS-2014講演論文集,CD-ROM,4pages (2014.10 宮崎).
  53.  石川翔太,荒井幸代,利用者均衡をシステム最適へと促す混雑時料金の設定,第28回 人工知能学会全国大会論文集,1C4-OS-13a-5,4 pages (2014.5 愛媛).
  54.  樋野葉子,荒井幸代,災害時鉄道利用客の経路統制による駅の滞留緩和に向けた考察,第28回 人工知能学会全国大会論文集,1C4-OS-13a-1, 4 pages (2014.5 愛媛).
  55.  北里勇樹,荒井幸代,逆強化学習による報酬関数推定における目的関数の影響の考察,第28回 人工知能学会全国大会論文集,3O1-6in, 4 pages (2014.5 愛媛).
  56.  野村一平,荒井幸代,自転車走行データからの潜在的危険運転の抽出法,電気学会システム研究会「機械学習の最前線」,ST-14-011 ,pp. 15-20, (2014.3 千葉)
  57.  栃木祐太朗,荒井幸代,自転車走行データからの潜在的危険運転の抽出法,電気学会システム研究会「機械学習の最前線」,ST-14-011 ,pp. 11-14, (2014.3 千葉)
  58.  樋野葉子,荒井幸代,制約充足法を用いた災害時鉄道利用客の経路決定,電気学会 システム研究会「機械学習の最前線」,ST-14-014, pp. 21-24, (2014.3 千葉).
  59.  加賀谷 駿,荒井幸代,需要家間の自律的融通による電力の安定化,第41回 知能システムシンポジウム講演論文集,A13-3 4 Pages (2014.3 東京).
  60.  北里勇樹,荒井幸代,学習効率を改善するサブゴールの設計手法,1B2 (OS3-2) ロボットの知覚と運動の学習法(2) 計測自動制御学会システム・情報部門, 第26回 自律分散システムシンポジウム講演論文集, pp. 87-90, (2014.1 東京).
  61.  堀澤優介,荒井幸代,複数主体間の自律的意思決定による最適タスク配分の実現,1B2 (OS3-3) ロボットの知覚と運動の学習法(2) 計測自動制御学会システム・情報部門, 第26回 自律分散システムシンポジウム講演論文集, pp. 109-112, (2014.1 東京).
  62.  許海遅,荒井幸代,複数エキスパートの導入による多目的逆強化学習 ?適切な報酬ベクトルによる全パレート最適方策の一括獲得?,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集,GS-2-5 (2013.11 滋賀).
  63.  許海遅,荒井幸代,行動干渉状態の検出によるマルチエージェント強化学習法の改善,第23回インテリジェントシステムシンポジウム,電気学会研究会資料,ST2013 (29-55) pp.115-120 (2013.9.25 福岡).
  64.  大嶋真理絵,荒井幸代,混合診療解禁の影響の定量的評価,  Joint Agent Workshops and Symposium 2013, JAWS-2013講演論文集,CD-ROM,4pages (2013.9 和歌山).
  65.  加賀谷 駿,荒井幸代,需要家エージェント間の電力融通と需給安定化の実現,電子情報通信学会技術研究報告,IEICE Technical Report AI2013-1-AI2013-14「人工知能と知識処理」「持続可能エネルギー社会とAI」,(2013.7.4,東京).
  66.  北里勇樹,荒井幸代,PSO導入による学習効率を考慮した報酬関数の推定,第27回 人工知能学会全国大会論文集, 1E4-2in  (2013.6 富山): 推奨論文
  67.  野村一平,荒井幸代,協調系実現に向けた監視対象の自律的決定モデル,第27回 人工知能学会全国大会論文集, 3F1-1  (2013.6  富山).
  68.  大嶋真理絵,荒井幸代,混合診療解禁の影響の定量的評価-民間医療保険の導入による混合診療解禁モデルの構築-,(株)構造計画研究所 第13回MASコンペティション論文集,pp.65-71,(2013.3 東京).会場賞
  69.  堀澤優介,荒井幸代,追跡問題におけるハンターの報酬関数の推定,第40回 知能システムシンポジウム講演論文集,pp.75--78, (2013.3 京都).
  70.  北里勇樹,荒井幸代,逆強化学習を用いた学習高速化のためのサブゴール発見手法,第40回 知能システムシンポジウム講演論文集,pp.69--74, (2013.3 京都).
  71.  神野周一郎,荒井幸代,商品ランキングデータに基づく消費者のレビュー信頼性評価モデルの推定と評価,第40回 知能システムシンポジウム講演論文集,pp.329--334, (2013.3 京都).
  72.  北里勇樹,荒井幸代.学習効率を改善するサブゴールの設計手法.第 26 回 自律分散シス テムシンポジウム講演論文集,pp.87-90,(2013.1 東京)
  73.  栗山俊通,荒井幸代,貪欲アルゴリズムによるジレンマ解消エージェントの特定,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2012 講演論文集,6 pages, (2012.11).
  74.  間渕雄太,荒井幸代,逆強化学習を用いたマルチエージェント環境下でのインセンティブの推定,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2012 講演論文集,6 pages, (2012.11).
  75.  加賀谷駿,荒井幸代, 強化学習エージェントによる 地域間電力融通,Joint Agent Workshops and Symposium 2012, JAWS-2012 講演論文集,企業賞受賞 CD-ROM,6pages, (2012).
  76.  許海遅,荒井幸代,干渉状態に着目したNashQ-learningの改善,Joint Agent Workshops and Symposium 2012, JAWS-2012 講演論文集,CD-ROM,6pages, (2012).
  77.  加賀谷駿,荒井幸代,マルチエージェントによる分散型電源の管理 -消費量制御と地域間電力融通 -,第18回創発システムシンポジウム ポスター発表 (2012.9 滋賀 同志社大学リトリートセンタ).
  78.  野村一平,荒井幸代,相互監視ネットワークの自律的生成 ―利害関係の局所性の影響―,第18回創発システムシンポジウム ポスター発表 (2012.9 滋賀 同志社大学リトリートセンタ).
  79.  野村一平,荒井幸代, 集団のジレンマを解消する相互監視ネットワーク形成アルゴリズム,計測自動制御学会システム・情報部門, 第39回 知能システムシンポジウム講演論文集,pp.1-6, (2012.3 千葉) .
  80.  荒井幸代,鈴木香名子,大喜多周,逆強化学習による複数均衡下での均衡収束の実現,第25回 人工知能学会全国大会論文集,1L2-R-7-9,優秀賞 (2012.6 山口).
  81.  加賀谷駿,荒井幸代,太陽光発電利用における分散型電源の需給バランスの実現, 計測自動制御学会システム・情報部門, 第39回 知能システムシンポジウム講演論文集,pp.85-90, (2012.3 千葉).
  82.  大喜多周,荒井幸代,逆強化学習を用いた最適行動を促すインセンティブの推定, 計測自動制御学会システム・情報部門, 第39回 知能システムシンポジウム講演論文集,pp.115-120, (2012.3 千葉).
  83.  許海遅,荒井幸代,学習ペースカーによるメタ安定相への遷移効果,計測自動制御学会システム・情報部門, 第39回 知能システムシンポジウム講演論文集,pp.225-230, (2012.3 千葉).
  84.  鈴木香名子,荒井幸代,逆強化学習の導入による社会規範の誘発,計測自動制御学会システム・情報部門, 第39回 知能システムシンポジウム講演論文集,pp.227-232, (2012.3 千葉).
  85.  大久保有基,荒井幸代,ランダムタイリングの逐次改善による状態空間の分割,計測自動制御学会システム・制御部門学術講演会2011論文集,6 pages, (2011.11 東京).
  86.  荒井幸代,報酬関数の設計に関する研究事例, A New Optimal Reward Framework to Design Good Primary Reward Function,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2011講演論文集,6 pages, (2011.11 東京).
  87.  大久保有基,荒井幸代,ランダムタイリングによる状態表現の逐次改善法,第17回創発システムシンポジウム講演論文集,創発夏の学校2011,計測自動制御学会システム・制御部門,pp.1-4 (2011.9 滋賀)
  88.  栗山俊通,荒井幸代,意思決定規範の相違によるInfluencer導入効果の考察,平成23年 電気学会, 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 電気学会, TC10-4,実世界とエージェントシミュレーション技術委員会企画セッション,ROMBUNNO.TC10-4,6pages, (2011.9 熊本) .
  89.  間渕雄太,荒井幸代,強化学習エージェントの状態認識制御が交通流に与える影響,平成23年 電気学会, 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 電気学会, TC6-3, 知能システムで拓く社会システム技術委員会企画セッション,6pages, (2011.9 熊本) .
  90.  栗山 俊通 荒井 幸代,系のジレンマ環境解消のためのInfluencerの導入とその配置法の考察,第24回 人工知能学会全国大会論文集,3C1-OS14-7,(2011.6) .
  91.  間渕雄太,荒井幸代,制御策に対する運転者の意思決定が交通流に与える影響,第24回 人工知能学会全国大会論文集,3J2-OS10-4,(2011.6).
  92.  角井 勇哉,荒井 幸代,場の潜在的ニーズの定量化による野球チームの攻撃支援,計測自動制御学会システム・情報部門,第38回 知能システムシンポジウム講演論文集, pp. 61-66, (2011.3).
  93.  神野 周一郎,荒井 幸代,ネットワーク構造と口コミ特性を考慮したキャズム生成モデル,計測自動制御学会システム・情報部門,第38回 知能システムシンポジウム講演論文集,pp. 381-386, (2011.3).
  94.  谷 直彦,荒井 幸代,ボーリングデータのパターン分類に基づく任意地点の地盤特性推定,計測自動制御学会システム・情報部門, 第38回 知能システムシンポジウム講演論文集, pp. 99-104, (2011.3).
  95.  栗山 俊通,荒井 幸代,Influencer導入によるジレンマ環境下の最適な意思決定の誘発,計測自動制御学会システム・情報部門,第38回 知能システムシンポジウム講演論文集, pp. 201-206, (2011.3).
  96.  鈴木香名子,荒井幸代, 報酬設計による空間ゲームの社会規範創出, Joint Agent Workshops and Symposium 2010, JAWS-2010 講演論文集,CD-ROM,6pages, (2010).
  97.  角井勇哉,荒井幸代, 攻撃状況に応じた要求機能の定量化法, Joint Agent Workshops and Symposium 2010, JAWS-2010 講演論文集,CD-ROM ,6pages, (2010).
  98.  荒井幸代,今宿誠己,ステークホルダ導入によるn人ネットワーク上のジレンマ解消法,平成22年 電気学会, 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 電気学会, TC4-4, 6pages, (2010) .
  99.  内田英明,荒井幸代,情報提供戦略の学習による動的な交通量配分の実現,平成22年 電気学会, 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 電気学会, TC4-4, 6pages, (2010) .
  100.  増渕達也,荒井幸代,学習ペースカーによる最適な交通流の実現,平成22年 電気学会, 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 電気学会, TC4-4, 6pages, (2010) .
  101.  大久保有基,荒井幸代,タイルコーディングにおけるタイルサイズと配置の評価,平成22年 電気学会, 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 電気学会, TC4-11, 6pages, (2010).
  102.  内田英明,荒井幸代,情報提供戦略のQ学習による交通ネットワーク流の制御,第24回 人工知能学会全国大会論文集,2I1-OS5-7,4pages, (2010) .
  103.  鈴木香名子,荒井幸代,n人ネットワークの繰り返し囚人のジレンマゲームにおける利得設計,第24回 人工知能学会全国大会論文集,1C3-1,4pages, (2010).
  104.  内田英明,荒井幸代,情報提供戦略のQ学習によるBraessのパラドクス解消,計測自動制御学会 第37回 知能システムシンポジウム講演論文集,pp. 19-22, (2010).
  105.  内田英明,荒井幸代,交通流制御のための情報提供戦略の学習, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集(3) 4ZA-3, pp.243-244, (2010). 情報処理学会奨励賞
  106.  今宿誠己,荒井幸代,社会的ジレンマ解消に向けたステークホルダの特定と利得操作法,情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会 講演論文集(2) 2X-6, pp.557-558, (2010).
  107.  加本昌也,荒井幸代,交通ネットワーク構造と交通流を用いた関係の密な交差点集合の抽出によるグループ別信号機制御, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 2009,pp. 568-571, (2009).
  108.  福島信太郎,荒井幸代,シュタッケルベルグゲームによる複数デポ配送計画問題のモデル化と進化計算による解法,計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 2009,pp. 508-511, (2009) .
  109.  高橋篤,荒井幸代,任意ノードの視点からのコミュニティ抽出手法,第23回 人工知能学会全国大会論文集,4pages, (2009).
  110.  加本昌也,荒井幸代,交通信号機の協調制御に向けた情報共有効果の評価,第23回 人工知能学会全国大会論文集,4pages,(2009).
  111.  内田英明,荒井幸代,複車線交通流に与える運転選択速度と後方視野の影響,第23回 人工知能学会全国大会論文集,4pages, (2009).
  112.  角井勇哉,荒井幸代,最適ラインナップ構成に向けた打順の要求機能分析法,第23回 人工知能学会全国大会論文集,4pages, (2009).
  113.  大久保有基,荒井幸代,エレベータ群制御における呼び優先度決定法,第23回 人工知能学会全国大会論文集, 4pages, (2009).
  114.  檜山達矢,荒井幸代,ネットワークと意思決定規範が系の挙動に与える影響,計測自動制御学会システム・情報部門,第36回 知能システムシンポジウム講演論文集,pp. 259-262, (2009).
  115.  角井勇哉,荒井幸代,データマイニングに基づく人的資本最適配置のためのタスク要求機能と潜在能力分析法,計測自動制御学会システム・情報部門,第36回 知能システムシンポジウム講演論文集,pp. 309-312, (2009).
  116.  荒井 幸代,石垣圭久,マルチエージェント同時学習における相互作用の定量的考察,計測自動制御学会,イノベーション創出のためのシステム情報技術 オーガナイズドセッション, システム・情報部門学術講演論文集,pp. 521-526, (2008).
  117.  西島 寛・荒井幸代・檜垣泰彦・土屋 俊,フォークソノミーを用いた講義選択知識の抽出, 電子情報通信学会技術研究報告 OIS2008-14, Vol.108, No.53, pp.79-84, (2008).
  118.  福島信太郎,荒井幸代,交差点の滞留車両減少のための信号制御シミュレーション, 日本シミュレーション学会, 第27回日本シミュレーション学会大会論文集, pp. 477-480, (2008). 
  119.  増渕達也,荒井幸代,自然渋滞の発生回避に向けた拡張NaSchモデルの提案と評価-先行車情報が交通流に与える影響-,計測自動制御学会システム・情報部門, 第35回 知能システムシンポジウム講演論文集, pp.218-223, (2008)
  120.  今宿誠己,荒井幸代, 数理的避難所配置における市民位置情報の不完全性の影響, 計測自動制御学会システム・情報部門, 第35回 知能システムシンポジウム講演論文集, pp.204-209, (2008).
  121.  荒井幸代, 井上恭祐,平田廣則, マルチエージェント強化学習における報酬が創発的行動に与える影響の分析,計測自動制御学会システム・情報部門, 第35回 知能システムシンポジウム講演論文集, pp.65-70, (2008).
  122.  高澤知也,荒井幸代,須貝康雄, 来場者と経営者の戦略を考慮したテーマパークモデル, JAWS-2008, Joint Agent Workshops and Symposium 2008, 講演論文集, USB, 6 pages (2008).
  123.  西島寛,荒井幸代,檜垣泰彦,土屋俊, ソーシャルタギングとソーシャルリンキングを利用した講義選択支援システムの開発と評価,第10回Webインテリジェンスとインタラクション研究会講演資料集, 電子情報通信学会, WI2-2007-39~65 pp.7-12, (2007) .
  124.  高橋篤,荒井幸代, グラフ構造に基づくコミュニティ抽出手法,第6回情報科学技術フォーラム講演論文集, pp.477-483,(2007).
  125.  荒井幸代,西島寛,檜垣泰彦,土屋俊,知識需給関係の発見による協働ネットワーク生成支援, 第9回Webインテリジェンスとインタラクション研究会講演資料集, 電子情報通信学会, pp.14-19, (2007) .
  126.  高橋篤,荒井幸代,須貝康雄, リンク構造に基づくコミュニティ抽出の性能評価, 第9回Webインテリジェンスとインタラクション研究会講演資料集, 電子情報通信学会, pp.25-30, (2007).
  127.  高澤知也,荒井幸代,須貝康雄, BAモデルを用いた有向ネットワーク生成法, 第9回Webインテリジェンスとインタラクション研究会講演資料集, 電子情報通信学会, pp.31-36, (2007) .
  128.  高澤知也,荒井幸代,須貝康雄, ネットワーク生成モデルを用いたコミュニティ抽出法の考察, 計測自動制御学会システム・情報部門, 第19回 自律分散システムシンポジウム講演論文集, pp. 301-306, (2007).
  129.  高橋篤,荒井幸代, 最小カットを用いたネットワーククラスタリング手法の考察, 計測自動制御学会システム・情報部門, 第19回 自律分散システムシンポジウム講演論文集, pp. 295-300, (2007).
  130.  Nobuyuki Tanaka and Sachiyo Arai,Teamwork Formation for Keepaway in Robotics Soccer (Reinforcement Learning Approach), Ninth Pacific Rim International Workshop on Multi-Agents,(2006).
  131.  田中信行,荒井幸代,小圷成一,平田廣則, マルチエージェントシステムのための階層型モジュール強化学習, 産業計測制御研究会, 電気学会, pp.101-106, (2006) .
  132.  竇心潔,荒井幸代,須貝康雄, 三角化グラフを用いた巡回セールスマン問題の解法, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2005, pp. 231-236, (2005).
  133.  竇心潔,荒井幸代,須貝康雄, TSPにおける最適解の特徴とそれに基づく三角化グラフ,平成17年 電気学会, 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 電気学会, pp. 1101-1104, (2005) .
  134.  川島明彦,荒井幸代,須貝康雄, 凸包を用いたクラスタリングに基づくTSPの最適化手法, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2005, pp. 227-230, (2005).
  135.  川島明彦,荒井幸代,須貝康雄, 凸包を用いたクラスタリングによるTSPの解法,平成17年 電気学会, 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 電気学会, pp.472-475, (2005).
  136.  荒井幸代,須貝康雄, 強化学習エージェント間の相互関係性の抽出, 平成17年 電気学会, 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 電気学会, pp. 1029-1034, (2005).
  137.  荒井幸代 and Pat Langley, 環境モデルに基づく弱-強化学習, Joint Agent Workshops and Symposium 2010, JAWS-2004 講演論文集, pp. 371-378, (2004) .
  138.  Sachiyo Arai, Yohei Murakami, Yuki Sugimoto, Toru Ishida, Semantic Web Service Architecture using Multi-agent Scenario Description, 6th Pacific Rim International Workshop on Multi-Agents, pp.98-109, (2003).
  139.  杉本悠樹, 村上陽平, 荒井幸代, 石田 亨,セマンティクス導入によるユーザ指向Webサービス連携支援, 第17回人工知能学会全国大会, 人工知能学会, 1D4-01, 4pages, (2003).
  140.  荒井幸代,村上陽平,杉本悠樹,田仲正弘, Boostingを用いた評判の信頼性評価方法, 第4回セマンティックウェブとオントロジー研究会資料集, 人工知能学会研究会, SIG-SW & ONT-A302, (2003).
  141.  石田亨,荒井幸代, 人間中心のセマンティックWeb, 第3回セマンティックウェブとオントロジー研究会資料集, 人工知能学会研究会, SIG-SW & ONT-A302, (2003).
  142.  Zhiqiang Gao, Sachiyo Arai and Toru Ishida, Social Agents in Digital Cities. Agent cities: Challenges in Open Agent Environments, (2003) .
  143.  Sachiyo Arai and Kazuteru Miyazaki, Learning Robust Policies for Uncertain and Stochastic Multi-agent Domains, International Symposium on Artificial Life and Robotics, (2002).
  144.  都崎志保,荒井幸代,小林重信, マルチエージェント強化学習における情報の共有,計測自動制御学会システム・情報部門, 28回 知能システムシンポジウム講演資料集,  pp.45-50, (2001).
  145.  Sachiyo Arai and Katia Sycara, Multi-Agent Reinforcement Learning for Planning and Conflict Resolution in a Dynamic Domain, Proceedings of the 4th International Conference on Autonomous Agents , pp. 104-105, (2000).
  146.  宮崎和光,石原秀一,荒井幸代,小林重信, マルチエージェント強化学習における報酬配分の理論的考察,計測自動制御学会システム・情報部門, 第11回自律分散システムシンポジウム講演資料集, pp.289-294, (1999).
  147.  Sachiyo Arai, Kazuteru Miyazaki, and Shigenobu Kobayashi, Cranes Control Using Multi-agent Reinforcement Learning, International Conference on Intelligent Autonomous Systems, Vol.5, pp. 335-342, (1998).
  148.  宮崎和光,荒井幸代,小林重信, 強化学習によるエレベータ群およびクレーン群の制御,システム制御学会, 離散事象システムシンポジウム講演資料集, pp. 55-62, (1998).
  149.  Sachiyo Arai, Kazuteru Miyazaki, and Shigenobu Kobayashi, Learning Cooperative Behavior by Profit Sharing Agents, Proceedings of the 15th International Joint Conference on Artificial Intelligence, p.7, (1997)
  150.  Sachiyo Arai, Kazuteru Miyazaki, and Shigenobu Kobayashi, Generating Cooperative Behavior by Multi-Agent Reinforcement Learning, Proceedings of the 6th European Workshop on Learning Robots, pp. 111-120, (1997) .
  151.  荒井幸代,山村雅幸,小林重信, 動的環境下における強化学習型マルチエージェント系の協調,人工知能学会, 第9回全国大会論文集, pp. 139-142, (1995).
  152.  荒井幸代,小林重信, 動的環境下での適応的プランニングのための複数エージェント協調モデル, 計測自動制御学会システム・情報部門, 第12回知能システムシンポジウム講演資料集 pp. 69-74, (1990).
  153.  Sachiyo Arai, Masayuki Yamamura, and Shigenobu Kobayashi, Horizontal and Vertical Cooperation by Multi-agents for Dynamic Planning, Proceedings of the 1st Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence, pp.77-82, (1990).
  154.  荒井幸代,小林重信, 動的環境における問題解決のための統合型協調モデルとその応用,計測自動制御学会システム・情報部門, 第10回知識工学シンポジウム講演資料集, pp.321-326, (1989).
  155.  Sachiyo Arai, Masayuki Yamamura, and Shigenobu Kobayashi, Model of Problem Decomposition in Cooperative Planning, Proceedings of the 28th SICE Annual Conference, Vol.2, pp.1255-1258, (1989).
■総説・解説記事
  1. 荒井幸代,リレー解説強化学習の最近の発展第6回:逆強化学習によるマルチエージェント系の報酬設定: 計測と制御. Vol.52 No.6, 2013年6月, p.534-539,計測自動制御学会/コロナ社 (2013).
  2. 生天目章,荒井幸代, エージェント間の相互作用:望ましい関係性の創発: 計測と制御,Vol.44, No.12,pp. 865-874, 計測自動制御学会/コロナ社 (2005).
  3. 荒井幸代,マルチエージェント強化学習-実用化に向けての課題・理論・諸技術との融合:人工知能学会,Vol.16, No.4,476-481, オーム社 (2001).
■著書
  1. これからの強化学習(森北出版)分担執筆 2章,3章 (2016.10.27)
  2. 電気工学ハンドブック(第7版)07編 制御・システム 7章4節 強化学習とマルチエージェント (2013.9)
  3. 電気工学ハンドブック(第7版)34編 情報処理システム 6章 人工知能 (2013.9)
  4. 電気学会技術報告 実世界とエージェントシミュレーション 第4章 ミクロシミュレーションにおける社会規範の創発法 (2012.7)
  5. 電気学会技術報告 第1273号,実応用を指向する機械学習技術調査専門委員会編
  6. Multiagent Applications with Evolutionary Computation and Biologically Inspired Technologies: Intelligent Techniques for Ubiquity and Optimization. IGI GLOBAL, 分担執筆,(2010.8).
■受賞
  ◇研究関連
  ◇教育関連

外部資金の獲得状況 ※平成15年3月 研究者番号取得
  【科学研究費】

  【奨励奨学金】
■特許・意匠登録
ビデオテックス端末装置,荒井(丹)幸代,古郡正美,G09G 5/00 510 G 9471-5G (国際特許分類第6版),1987年4月2日